血圧脈波検査

ホーム医療機器血圧脈波検査

血圧脈波検査

 ベッドに横になり、胸部と両手首に電極を装着して、左右の上腕部と左右の足首の血圧を同時に測定。所要時間は、わずか5分~10分程度。すぐに結果が出ます。
この検査で2つのことが分かります。

1.脈波伝播速度
心臓が収縮すると、動脈血が身体のすみずみにまで送り出されます。このときの脈波伝道速度は、血管が硬くてしなやかさが失われている人ほど早くなります。動脈の硬さの程度はCAVI(キャビィ)という数値で測定されます。

2.血管のつまり具合
上腕と足首の血圧の比を測定することにより、血管の狭窄の状態がわかります。通常は、足首の血圧は上腕よりもやや高いものですが、その数値が逆になっている場合は動脈が脂質など詰まっていることが疑われます。血管の詰まり具合を示すのはABI(エービーアイ)という数値です。