上部消化管内視鏡

ホーム医療機器上部消化管内視鏡

上部消化管内視鏡

一般に「胃カメラ」ともいわれます。

腹痛や胸焼け、貧血などの症状の原因を調べるため、あるいは検診目的で、内視鏡を口から挿入し、食道・胃・十二指腸の中の様子を直接モニター画面に映し出して観察し、潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行いますます。
その際組織検査(顕微鏡で詳しく調べる)のため病変の一部を摘み取ってくることもあります。

胃がんの原因とされるピロリ菌の除菌も積極的に行っています。